東野産婦人科口コミレビュー【体験談】費用や食事、出産レポまで大公開

東野産婦人科口コミの画像
未分類

福岡市中央区にある有名な産婦人科と言えば「東野産婦人科」ですよね。

筆者は2020年4月に東野産婦人科で出産したので、リアルな体験談をまとめました。

併せて、

  • 妊婦健診の費用
  • 出産費用
  • 東野産婦人科で入院中に食べられる食事内容
  • 入院した部屋

などもお伝えします。

これから東野産婦人科で出産予定の方や、「いつか東野産婦人科で生みたい!!」という方にとって有益な情報をお届けするのでよかったらご覧ください♪

はじめまして、ヴィータフェリーの編集長であるmaasaです。今回は、私の出産レポをまとめていきます。私は、出産前に色々と不安なことがいっぱいで、たくさんの先輩ママたちのレポを読み漁りました(笑)。先輩ママのレポを見ると自分も頑張ろうと思えたので、これから出産を控えている方にとって少しでも心の支えになれればと思って執筆しました。バルーン出産、陣痛促進剤などについても詳しくまとめているので東野産婦人科で出産予定の方以外も参考になるかと思います。

東野産婦人科の口コミ評判総まとめ

 

福岡市内で人気の高い産婦人科の1つです。
前院長の頃から地元に根付いています。
建て直しされていて現在もとてもきれいな病院です。
母乳育児推奨してますが、母親の希望を聞いて柔軟に対応してくれます。
入院中の食事も大変豪華で美味しかったです。
妊婦検診から出産まで利用しましたが、妊娠期の教区を行う教室や運動をサポートするヨガやエアロビクスから産後の母親をサポートする教室が数多く開催されています。一人で悩まずスタッフに相談したり他のママと接する機会が作りやすくなってます。

引用:caloo

 

里帰り出産のため、検診のみお世話になりました。
最初だけ院長先生で、あとはその時々で違う先生での診察でした。
患者さんも多いため、流れ作業の様な感じでしたが、質問した事にはきちんと答えてくれて、看護師さん達もみなさん明るく優しい方達でした。
院内はとてもきれいで、清潔感があり設備も最新でした。
出産後のベビーマッサージなども利用しましたが、こちらで出産していなくても通えるアフターケアも充実していました。
2人目の時はこちらで出産したいです。

引用:caloo

【出産レポ】東野産婦人科で第3子出産!助産師さんの力に驚愕

東野産婦人科口コミレビューの画像

~東野産婦人科を選んだ理由~

私は上の子たちは、里帰り出産だったので広島の産婦人科で出産しました。

第3子は、貴重な新生児の時期を旦那と一緒に過ごしたいと思い、福岡で生むことに♪

第1子を妊娠した時からずっと東野産婦人科で妊婦健診をしてもらっていたので、迷わず東野産婦人科での出産を決めました。

予定日超過!陣痛が来ない(泣)

陣痛がなかなか来ない画像

第1子は、予定日よりも10日遅く生まれました。

そして第2子は予定日よりも6日遅く生まれました。

「第3子は絶対に予定日よりも早く生まれるだろう…」と期待していたのですが、まさかの予定日超過。

陣痛っぽい痛みは毎日あったのですが、なかなか本陣痛には繋がらず…

結局、妊婦健診で「バルーン」と「陣痛促進剤」で陣痛を促すと言われました。

東野産婦人科で誘導分娩【バルーン・陣痛促進剤】

 

陣痛促進剤は第一子を出産するときに使ったのでそこまで恐怖心はありませんでした。

ですが、バルーンは初めてだったので本当に怖くて、何十回も「バルーン 痛み」「バルーン やり方」などと検索をしました。

検索すればするほど、「バルーン激痛」「陣痛より痛い」みたいな言葉が出てくるので、入院前日はかなり病みました。

追い打ちをかけるように、コロナの影響で立会出産禁止で旦那も産婦人科に入れない状態。

当日は、旦那に車で産婦人科まで送ってもらって、「一緒におってもらったら心強いのにな」と思いながら別れました。

入院1日目|バルーン&内診グリグリ

 

15時に東野産婦人科に到着。

到着後すぐに入院する部屋に案内されて、出産するときの服に着替えるように助産師さんに言われました。

着替えたらNSTで赤ちゃんの心拍とお腹の張りを見たのですが、全然張ってない。

NST壊れてない?ベルト緩いんじゃない?と疑いながらボーっとNSTが終わるのを待ちました。

30分ぐらいしたら助産師さんが来られて、「では内診室へ移動しましょう」と。

「バルーンって痛いですか?」と聞くと「痛いとおっしゃる方もいますし、全然平気な人もいますよ。」

当たり障りのない返事が返ってきたので「バルーンしたらすぐに生まれるんですか?」と重ねて質問すると

「う~ん。人によりますよね。経産婦さんは割とすぐにバルーンが外れて本陣痛が始まる方が多いです。」と答えてくださいました。

そんな話をしているうちに内診室に到着して、内診スタート。

まずは、予定日超過の恒例行事(笑)子宮口をグリグリ。本当に激痛。「いた~」って声が出るほど痛かったです。

でも、これを乗り越えれば赤ちゃんに会えると思って頑張りました。

するとすぐに「じゃあ、バルーンを入れますね。ちょっと痛いかもしれません」と言われて、機械みたいな冷たいものが入ってきました。

内診グリグリの痛みの方が圧倒的に強いので、バルーン自体は我慢できるレベルでした。

最後に「ずんっとした痛みがありますよ。」と言われたものの特に痛みはなく、バルーンが入っている違和感があるだけでした。

バルーンの先が内ももにあたって違和感。歩くのもがに股でぎこちない感じ。

入院1日目は、バルーンを入れて半日過ごしました。

22時にまたNSTをして張りと赤ちゃんの心拍を確認したのですが、全く張ってなくて明日は「陣痛促進剤決定じゃわ。」と思いながら、布団に入り、一睡もできませんでした。

入院2日目|陣痛促進剤で本陣痛がきた

東野産婦人科口コミレビューの画像

経産婦さんはバルーンが途中で外れる。と聞いていたのですが、全く外れる感じはなく、朝を迎えました。

「陣痛の怖さ」と「赤ちゃんに会える喜び」の感情がごっちゃごちゃな感じであっという間に朝が来ました。

5時から助産師さんが陣痛促進剤の錠剤を1錠ずつ1時間おきに持ってきてくれます。

5時に1錠飲んで、6時にまた1錠、7時にさらにもう1錠。

朝食が運ばれてきて、陣痛促進剤の効き目は全くなかったので痛みはなく、ゆっくり食べていました。

「妊娠中の食事はこれが最後かな…。胃が圧迫されて苦しかったなあ…。」とか考えながらゆっくり食べていたら急に、陣痛が始まりました。

あとヨーグルト食べたら完食じゃけど、ヨーグルト食べよったら生まれるわ。と思って

急いでナースコールを押して助産師さんを呼びました。

二人の助産師さんが部屋にすぐに来てくださり、陣痛バッグを持ってくれて分娩室へと移動しました。

この時は、まだ4分間隔で陣痛の波が来てない時は普通に歩けました。

分娩室に到着するまでに何度が立ち止まり、壁にしがみついていて、掃除の方々が私が通り過ぎるのを待ってくれていたのをなんとなく覚えています。

分娩室に到着!3時間後に出産

 

私の部屋は3階で分娩室は2階だったので、エレベーターに乗ったり、長い廊下をゆっくりゆっくり歩いて進み、ようやく分娩室に到着。

分娩台によじ登って、手すりを握って陣痛の痛みに耐えました。

4分間隔で陣痛が来ているものの、陣痛の波が来ている時間がかなり短くて、15~20秒間ぐらい強い痛みに耐えたら、また4分間休憩できる感じでした。

ですので、助産師さんと「上の子のときはどうだった?」とか「陣痛弱いよね?もう1錠促進剤飲む?」みたいな会話をする余裕がありました。

分娩室に到着してあっという間に2時間ぐらいが経過して、時計を見ながら「上の子は今保育園でお外遊びしているのかな?

」「今日は朝ごはん何を食べたのかな」「旦那はひとりで二人を見て疲れてないかな」なんて考えながら痛みが短い不思議な陣痛を耐えていました。

助産師さんが「早く生みたいよね?!破水させたら結構早く生まれるよ!」と提案してくれて破水させることにしました。

助産師さんが破水させる棒?器具?みたいなものを持ってきて、一瞬で破水させてくれました。

破水させられる痛みは全くありませんでしたが、棒を持ってきたときはかなり恐怖でした(><)

破水してからは陣痛がだんだん強くなり、急激に波が来てあっという間に生まれました。

いきんだ回数は、たったの1回でスルッと出てきてくれたました。

次女のときはいきんでもいきんでも出てこなくて、体力の限界がきましたが3人目は一瞬で生まれてきてくれたのでホッとしました。

東野産婦人科の助産師さんはずっと腰をさすってくれたり、子宮口をマッサージして広げてくれたので、つらいきつい陣痛もなんとか耐えることができました。

一緒に分娩台に乗って、一生懸命腰をさすって、声かえをしてくれる助産師さんが神様に見えました。

本来なら、生まれそうになったら院長先生と助産師さんをもう一人呼ぶシステムのようですが、陣痛が強くなって生まれるまでの時間が短すぎて、助産師さんも先生も間に合いませんでした。

1人の助産師さんがへその緒を結んでくれたり、何から何までやってくれました。

赤ちゃんは、羊水を飲んでいたみたいで生まれてすぐに泣かず、ホースを口に入れてガガガーっと吸ってもらってからようやく産声を聞くことができました。

11時に生まれて、12時に運ばれてきた昼食を分娩台でガッツリ食べました。

やっと赤ちゃんに会えて、体が軽くなって、もう幸せでしかない。と思いました。

後陣痛がかなり痛かったけどロキソニンを飲んでなんとか耐えれる感じでした。

東野産婦人科は分娩室にトイレがあるので、出産後すぐにトイレに行くように言われます。

尿や便が溜まっている状態だと子宮の戻りが良くないみたいなのですべて排出した方がいいそうです。

産後は自分で上手く排出できないケースも多いので、もし、トイレにいって出なかったら助産師さんに伝えます。

生んだ後は、2~3時間ぐらい分娩室でゆっくり過ごして、持ってきたパジャマに着替えさせてもらい、

お風呂にすぐに入れないので体をあったかいタオルで拭いてもらい、車いすに乗って部屋に戻りました。

出産した当日は、体を休めることに専念し、ほとんどベッドに横になって過ごしました。

 

入院3日目|沐浴見学、沐浴実習

 

沐浴見学や沐浴実習はコロナの影響で、iPadで動画で学習することになりました。

初産の方のみ見学や実習が行われていたようです。

 

入院4日目|早期退院

 

本来であれば、出産してから入院1日目とカウントされるので、まだ3日目の早期退院になります。

まだ入院日は割と自由に変えることができるみたいで、「何日間にしますか?」と聞かれました。

私は、なるべく早く退院したかったので3日目の退院を選びました。

 

東野産婦人科のメリット・デメリット

東野産婦人科のメリットとデメリットを箇条書きでまとめました。

東野産婦人科のメリット

  • とにかく館内が綺麗で清潔
  • 常にリラックスできる曲が流れている
  • 助産師さんが優秀、優しい
  • 院長先生が優しい
  • 食事が豪華でおいしい
  • 福岡でも人気な産婦人科なので安心
  • 産後のアフターケアが整っている
  • 妊娠中に参加できるクラスが豊富(マタニティヨガなど)

東野産婦人科のデメリット

  • そっけない先生が数人いる
  • 先生の人数が多いので健診の時は毎回違う先生に診てもらうことになる
  • 赤ちゃんが多いので助産師さんが忙しそう

東野産婦人科の健診費用や入院費用は?

 

東野産婦人科は費用が高い。と言われていますよね。確かに、総合病院に比べると高額かもしれませんが、個人の産婦人科に比較すればそこまで高くないのかなと思いました。

私が上の子たちを出産した産婦人科も手だしが9万ほどだったので、東野産婦人科と同じぐらいでした。

今回は、誘導分娩だったのでその費用が(バルーン、陣痛促進剤)3万円追加でかかるとのこと。

入院日数が少なかったので、手出しは6万円でした。それに、上記の3万円がプラスされて9万円です。

健診費用は、助成券があるので毎回1,000円前後です。

鉄剤を出してもらったり、血糖値の再検査などがあったりした日は、3,000~5,000円ほどかかりました。

東野産婦人科の食事が豪華すぎる!

東野産婦人科食事を口コミレビューした画像

東野産婦人科食事を口コミレビューした画像

東野産婦人科食事を口コミレビューした画像

東野産婦人科食事を口コミレビューした画像

東野産婦人科食事を口コミレビューした画像

東野産婦人科は、食事が豪華なところが魅力の一つ。

栄養バランスの良い食事が毎日朝7時、昼12時、夜18時(夜食付き)で運ばれてくるので最高です。

母乳を出すために何がいいのか分かるので、勉強になります。

それに、こんな食事を家族に毎日出せたら喜んでもらえると思いました。

東野産婦人科の入院した部屋はどんな感じ?

東野産婦人科の入院した部屋の写真を掲載します。

東野産婦人科部屋を口コミレビューした画像

東野産婦人科部屋を口コミレビューした画像

東野産婦人科部屋を口コミレビューした画像

東野産婦人科部屋を口コミレビューした画像

東野産婦人科部屋を口コミレビューした画像

福岡で出産するなら絶対東野産婦人科が良い!

東野産婦人科口コミレビューの画像

福岡には、青葉レディースクリニックや嘉村産婦人科など有名な産婦人科がたくさんありますよね。

どこの産婦人科で出産しようか迷っている方は、東野産婦人科での出産がおすすめです。

助産師さんが優しくて丁寧で、産後のケアまでしっかりしているので、産後も安心です。

なにより、やっと赤ちゃんに会えた幸せな時間を快適で整った場所で過ごせることが嬉しいですよね。

ピックアップ記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。